無料 レンタルサーバー

脱・クルマ入門―未来へのライセンス



トヨタ自動車株で自分年金を作ろう!―年金に期待できないいま、老後資金は自分で作りましょう。 (アスカビジネス)日本の消防車―日本で見られるすべての種類の消防車カラーガイド (イカロスMOOK)F1 トヨタの挑戦快楽のアルファ ロメオ (中公文庫)出力向上のためのエンジン講座―もっと先を知りたい人のために (フロムムック―トータルバランスチューニング (No.23))乗れるクルマ乗ってはいけないクルマ―ゼッタイ後悔しないクルマ選び (王様文庫)間違いだらけのクルマ選び―全車種徹底批評〈’89年版〉「いいクルマ」の条件 (生活人新書)脱・クルマ入門―未来へのライセンスTOYOTAエンジン・チューニングマニュアル〈4A‐G編〉


脱・クルマ入門―未来へのライセンス
脱・クルマ入門―未来へのライセンス

ジャンル:
セールスランク:641902 位
発送可能時期:通常3〜5週間以内に発送
参考価格:¥ 2,310 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

脱・クルマ信仰

クルマ社会の不経済性、公害性を指摘した良書。

少々残念なのは電気自動車にすら否定的であったこと。

・自動車は製造段階ですら電力の形で大量のエネルギーを使っている・

ということを指摘したのなら、従来のエンジン自動車と電気自動車のエネルギー浪費について、「製造→使用→廃棄」までをトータルして(総合して)、エンジン自動車を電気自動車に転換したとしたら、どれだけエネルギーの消費改善ができるかを検討してほしかった。自動車として使用する段階では石油エネルギーと電気エネルギーは対照実験となるようどちらかのエネルギーに換算した上で。その上であまり結果が芳しくなかったときに、電気自動車に過度の期待をするべきではないという結論を出してほしかった。少なくとも私個人としては自動車のエネルギー源の転換と自動車利用のそのものの抑制は同時に行うべきだと思える。クルマは「一世紀遅れ(時代遅れ)のシステム」だから。


面白い提案として「走ルンです」があった。
使い捨てカメラの「写ルンです」のように主な部品をリサイクルして再生産するシステム。自動車の「移動」の面だけを求めるという利用者が多いのなら「写ルン」ですのシステムや考え方を自動車に利用したらどうかということを定量的に提案していた。なるほどと思った。

 彼の著作で毎度思うのは、脚注は章の最後ではなく、そのページ下かその見開きのページの右か左のページに配置してほしいということ。難しい論文のようにその章の最後に脚注の説明を置かれると読みにくい。
 また、本文を右ページ、脚注や本文中の図を左ページに配置するという構成もいいかもしれないと思う。今後の著作を出す場合、検討してもらいたい。
クルマ社会に問題を抱いている方必読です

クルマは利便性のみを追求し、どんどん増え続けとどまることはない。

その反面クルマが増え続けるに従い、交通事故、大気汚染問題、騒音等さまざまな問題を残しつつ未解のまま放置されている。自動車ユーザーのほとんどがこのようなことに関して無知であるのが現状。しかし、これらの問題を解決するには、これらクルマ社会のメカニズムを知らなくてはならない。



北斗出版







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー