無料 レンタルサーバー

草原の狙撃―鉄道探偵ハッチ (文春文庫)



百五十さいの名探偵 (創作児童文学館)名探偵チビー―虹色プールの謎草原の狙撃―鉄道探偵ハッチ (文春文庫)なんてっ探偵アイドル 1 (1) (ヤングサンデーコミックス)純情鈴鳴学園探偵部 1 (1) (MBコミックス)MとN探偵局 夜に向って撃て (ジョイ・ノベルス)斜め屋敷の犯罪 (名探偵・御手洗潔シリーズ)追憶の猫―探偵藤森涼子の事件簿 (ジョイ・ノベルス)探偵(ディテクティブ)サイトへようこそ (小学館文庫)ママ先生探偵団 (フォア文庫)


草原の狙撃―鉄道探偵ハッチ (文春文庫)

ジャンル:
セールスランク:1321857 位
発送可能時期:ご確認下さい
参考価格:¥ 1 (税込)

ご購入前のご注意
当ウェブサイトはAmazonウェブサービスにより実現されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

インディアンも大変ですね

単にハッチのシリーズのネタとして選ばれたインディアン。主人公はロマンチックに推理旅行を楽しんでるけれど、登場するのはまともに取材もしてないのが丸わかりの、アメリカ白人から観た、差別と偏見満載の奇妙奇天烈なインディアン群像。これを当のインディアンたちが読んだらどう思うのかな。まあいつもの白人のやることさと鼻で笑うんでしょうね。
カントリー・ハードボイルド

米国、オハマ在住の鉄道探偵。猫を一匹飼い、鉄道沿いの女友達の家を渡り歩く初老にさしかかった男。女性にもてるあたり、風貌は決して不細工ではないのだろうが、インディアンの血が流れ、髪には白いものが混じり、おなかも出始めている、ちょいとくたびれたおじさん風。主人公のハッチはそんな男だ。

ハードボイルドの定番、「都会」の一匹狼でこそないが、その性格描写と、場面場面のうらぶれた感じは正統派ハードボイルドに相応しい。また、西部が舞台というのも一因なのだろうが、良くも悪くも西部劇風の古臭さを感じさせてくれる小説だ。「エイズ」や「1984年型キャディラック」という表現がなければ1980年代後半が舞台であるということを忘れてしまうほどである。



文藝春秋







         
         
         
         

無料 レンタルサーバー